西入口
 
ご案内 写真の名称をクリックしてください。

さきたま古墳公園航空写真

はじめに
 管理人が、このサイトを作り始めたのは、こちらの神々が2001年に私のところに訪問して来てくださったからです。その 方たちはエジプトから来た方たちだったそうです。奥の山古墳に祭られた方たちだったそうです。これは葬られたという事 ではありません。古墳は墓ではありません。
 下がエジプトの土地です。ここから来たのだそうです。


この不思議な紋章が舎人(とねり)を現しているのだそうです。「とねり」は利根川の「とね」だそうです。下級な役人だった と言うのは侵略者工作員の嘘です。



 舎人のいたところは県道77号線の近くにもあります。行田と蓮田を結ぶ途中です。
舎人新田はバス停もあります。



 かっては、今の10倍以上の古墳があったそうです。埼玉(さきたま)を中心に無数と言って良いほどあったのだそうです。 世岐姫神社は地図に入りきりませんでした。下の地図も一部です。行田の須戸や須加と言った地名は理由もサイトに書いて あります。古墳を造った方が住んだのです。



2009年1月25日、現地に行ってきました。下の写真のところです。
埼玉の津と呼ばれた所にあります。詳しくはこちらです




 古代のロマンを楽しむと共に、古墳に祀られている神々の思いを知っていただくと嬉しいです。
かっては、古墳の上に神社があったそうです。
 随時更新いたします。
以下は公式パンフレットより
 国史跡埼玉古墳群は、県名発祥の地埼玉(さきたま)にあります。

 ながらかな台地の先端にあって、周辺には利根川と荒川にはさまれた肥沃な土地が広がっています。
 史跡公園として整備されている区域には、前方後円墳8、円墳1の合計9基の大型古墳が残されています。かつては全部 で40基を越える大小の古墳が遺られたことがわかっており、出土した遺物からは5世紀後半から7世紀初めごろまでの約 150年の間に次々に迫られたと考えられています。 100mを上回る大きさの古墳が4基、90mが1基という、日本有数の大型 古墳群ということができます。
 この埼玉古墳群には@それまで古墳が迫られていなかった場所に突如として現われたこと、A東西約500m、南北約800m のせまい範囲の中に大型の古墳が堀をくっつけるような近さで、次々規則的に遺られたこと、B長方形の二重の堀を巡らし た前方後円頂が多いこと、@西側に迫出しをもつ前方後円頂が多いこと、D前方後円墳の方向がだいたい同じであること‥ ‥というようにまだ多くの謎があります。

 管理人による説明
 埼玉古墳が造られた時代認識は、全ての書物で事実と全く違っています。時代認識を間違えたのは、出土した品を作った 頃に前方後円墳を作ったと思っているからです。出土品は、後から侵略してきた者たちが自分たちのものを埋めた物が全て だそうです。

 埼玉古墳群の前方後円墳の古墳の玉は金星、明けの明星の方向を指しています。これが本物です。
 私の遠いご先祖様が来た星です。

 巨大な前方後円墳は、金星の神々が来たので造ったのだそうです。それだけの理由です。
埼玉古墳の最初は常世岐姫神社だったのだそうです。ウガヤ朝11代の時の事だったそうです。

 常世岐姫がイエメンからやって来たのです。

 侵略者たちは、前方後円墳の存在理由さえ、全く解らず、今日まで来たのです。そのため、大阪の前方後円墳は方向がで たらめで、前方後円墳の役になっていません。

 八幡様(応神天皇)によると、大阪のを造ったのは、やはり中国人だそうです。大阪の役人が多くが腐っているのが良く解る と思います。勿論殆どは、まともだとは思います。

 こちらは、ある国(Yemen=八面)のものです。8人の王が並んでいます。前方後円墳の姿です。下は胎臓界の入り口を現し ています。埼玉古墳にも8つの前方後円墳があります。八幡神を現しています。八林、ヤコブです。



 こちらが天空の八幡神です。神々の世界です。



 拡大



 拡大



 丸墓山古墳のモデルの吉見のポンポン山は金星より飛来した天の岩舟です。

金星
 以下は一般的知識です。

埼玉古墳群(さきたまこふんぐん) 

埼玉県行田市埼玉に所在する古墳群。8基の前方後円墳(うち4基は長軸が100m を超す大型墳)と直径100m 余の円墳1
基とが国指定史跡。金象嵌(ぞうがん)銘鉄剣で知られる稲荷山(いなりやま)古墳もこのうちの一つ。いずれも5世紀末―7世
紀の築造といわれ,被葬者は秩父国造説,武蔵国造説などがある。一帯は〈さきたま風土記の丘〉として整備され,資料館も
設置。

地名は埼玉県行田市埼玉(さきたま)と言うところです。    
案内図をクリックしていただければ目的のページが開けます。
最終更新日 2008/05/20 



大きな地図ではさきたま風土記の丘、さきたま古墳公園と言うのがそうです。
こちらもクリッカブルマップにしました。黒岩横穴郡は実際は八丁湖公園です。
行く時は実際の地図をご覧ください。現在は入れない様です。2005/06/05





下の図は八幡山古墳の地図です。
埼玉古墳郡の北東2キロほどのところにあります。
埼玉古墳郡と小見真観寺遺跡の間にあります。
重要な遺跡なので追加しました。
2005/07/29





八幡山古墳


埼玉火祭り

忍城のご紹介

埼玉資料館

古代蓮の里



資料は多くの方にも、ご協力をいただいております。
この場を借りてお礼申し上げます。     

 
管理人の独り言

 かって、この地に住んでいた方(霊)によると、この地は主にウガヤ朝の31代から36
代に掛けて造営されたようである。
 その後ウガヤ44代頃に政変が起き、ウガヤ67代の時にはかなり壊されたようであ
る。
明治以降のように開墾されたのかもしれない。
 しかし、その後、現在の倭朝13代の成務天皇の頃から再び陵の造営がなされたそう
である。
 時代背景としては頷ける。最盛時には218もの陵があったという。
古来より百塚と言われていた地である。これも信憑性がある。
 ウガヤ朝の頃は主食は芋だったそうである。それもさつま芋で、それに大豆、サトイモ
等だったという。

 ウガヤ朝の頃は平均寿命も280歳程度あったと言う。段段短くなり戦国時代は30代ま
で縮み、現在ではやっと80歳くらいにまで復旧したということである。

 神武天皇も127歳まで生き、100歳以上の天皇が続いていたのも歴史の事実である。
この方も男性として252歳までを生きたそうである。高い世界の方である。

 それでも、同じ芋を主食にしていたアトランテイスは平均寿命が750歳であった。
あなたはどの程度まで信じられるでしょうか。

 せめて神武天皇がいたことくらいはご理解頂けるでしょうか?
 それさえ2660年以上前です。

 ウガヤ、上古を研究するのは日本人の心のためになるかもしれません。2004/12/16
 


 記2005/04/28  
 以下に埼玉の古墳のあったと思われるところを図に示しました。
 太田と言うのは群馬県の太田から攻めて来た中国人子孫の集落です。
 勿論今は日本人です。
 古代に鴻巣の笠原と群馬の中国移民中島の先祖が戦争した時の名残です。
 群馬は「馬」の字から解るように中国人と朝鮮人の移民等が多く住む県でした。
 関東では圧倒的に同和地区も多いのです。
 鴻巣にも馬室と言う土地があります。やはり住んだのは中国朝鮮の渡来人です。
 熊谷の「熊」も中国人を現しています。それで、廃藩置県頭書は熊谷から向こうは熊
谷県でした。
 こちらは入間県と言いました。今では埼玉県で入間は郡に成りました。

 あまりに中国人子孫が浮き上がるので県の割を直したのです。
 中国人は戦争好きなので鴻巣の笠原と散々戦争をしました。
それで、関東屈指の同和地区南河原や中条と言う同和地区も出来たのです。
太田にある古墳も、ここの古墳を真似てそれより大きいのも造ったのです。
 中国人は何処まで行っても中国人です。
 勿論群馬出身の総理なども末裔です。「福」や「中」です。自分らで日本は植民地だ等
と言っているのです。国を追われて逃げてきた中国人の子孫がとても多いのです。口
は減りません。
「脱北者」ならぬ「脱中者」だったわけです。

 中国人は、どうしようもない中国の民を受け入れてやった日本に感謝するのが当たり
前です。
それと中島飛行機は中国人の末裔ですから、重慶を爆撃された恨みは自分らにもある
はずです。中島飛行機の先祖を国を追い出したのは自分らの先祖なのですから。
 蒋介石だってそうです。国の宝の大半を持って、台湾に逃げられたのは皆自分らの
国のせいです。
 日本を悪く言う愚かな中国には再び天誅が下るでしょう。

 その天誅は2008年5月に大地震となり、四川省で罪もない沢山の人を襲いました。
その責任は、中国の役人にあります。まだ収まりません。





 




2005/06/05
 ウガヤ9代から29代様までの陵はどこにあったかと言う疑問が寄せられた。
下の地図のよみうりランドGCにあったそうである。
 建設工事中に何か出たはずだと思うが、たいていの場合届けない事が多い。工期が無くなるからで
ある。
 やはり「稲」の地名である。ウガヤ13代様によると、ここにもウガヤ9代様の時に印度から蓮が持って
来られてのだという。


















埼玉周辺は概ね、この様になっています。







 全国には現在も大小20万もの古墳があるそうですが、これだけ大きな古墳が群集している所は他にありません。
 埼玉は古代日本の中心だったと考えても自然です。
 特に関西のものは漢倭朝に成って、日本の歴史を書き換えるために造られたものが多いのです。世界最大と言われる仁徳天 皇陵は800Mもあるそうです。応神天皇のものは450メーターだそうです。下の地図です。誉田中のところです。



 何故、あのような巨大な古墳が造られたか考えてみてください。
ちなみに、応神天皇に誰が造ったのかお尋ねしたところ、造ったのは中国人だったそうです。

 これも伝えたくて、八幡神様(応神天皇)は私のところに来てくださったのだそうです。
知っていたら、あんな馬鹿なものは造らせないそうです。権威の捏造が大好きな中国人がやりそうな事です。

 それと仁徳天皇は実の息子ではなく、神だと言っています。応神天皇は男子は2名しか居なかったと申していますので、4男は確 かに神のようです。

 確かに、仁徳天皇は人と思えぬ様な立派な方でした。金星の方だったそうです。

 後の聖徳太子は、用命天皇が、これを真似たのだそうです。推古天皇の為だそうです。確かに、聖徳太子は後半の記録が無 いそうです。そして、大化と言う記録焚書の恐ろしい時代に入ったのです。

 悪魔の中国人役人の手先は始皇帝の時代にも焚書坑儒をしました。日本でもやったのです。
後の明治政府も酷かったです。いつでも、悪魔に憑かれた役人どもが、天誅さえ理解できずに、この世を滅ぼすのです。

 其の役人の実態が、中国人の子孫です。かす(夏巣、華巣)→霞ヶ関です。
厚生労働省など、まさに「かす」そのものです。埼玉古墳のある行田市近くにも加須市というのがあります。実体は「かすし」です。

 いつか、かす市と言ったアナウンサーが居ました。そして、かす市の向こうが「春日部(かすかべ)」です。
秘密がばれないように草の中国人の監視が、あちこちに居たのです。もう居ないと思いますが、その者たちのDNAは私や皆さん を嫌います。

 皆さんが、虫が好かない者は、これらの者が多いのです。
そして、三関より西では牛を殺して食っていました。勿論、全ての動物は殺して食ってはいけません。

 牛は金星の象徴でもあるのです。牛頭=GODSです。
そんなことも解らず、前方後円墳を造るとは、やはりご先祖の問題です。

 これを読んだ方は、直ぐに自分の食生活をチェックしてください。
肉を食えば、地獄に堕ちるのは当たり前です。
 
天照皇大御神様
神代の事
瓊瓊杵尊
アショカ王
勾玉
古墳について
前方後円墳
前方後円墳の造り出し
古墳創世記
赤城神社
最後の古墳
丸墓山古墳
大日如来
愛宕山古墳
稲荷山古墳
稲荷山出土品
将軍山古墳
二子山古墳
地蔵塚古墳
鉄砲山古墳
浅間山古墳
奥の山古墳
白山姫神社
はにわ
瓦塚古墳
中の山古墳
真観寺古墳
吉見百穴
YouTube設定
平成20年埼玉火祭り
平成21年埼玉火祭り
平成22年埼玉火祭り
平成23年埼玉火祭り
平成23年火祭Pentax
平成24年埼玉火祭
平成24年埼玉火祭L
平成25年埼玉火祭
平成26年埼玉火祭
埼玉資料館
忍氏
忍城
古代蓮
栢間古墳郡
前玉神社
埼玉の津
常世岐姫神社
御祭神
交通案内
西入口
真名板高山古墳
高負彦根神社
鴻巣古墳群
行田の歴史
前玉以前の事