忍氏

忍氏はヨルダンのペトラからやってきたそうです。ヨルダンは地震で水脈が壊れ、水が枯れてしまったからです。
丹後半島にやって来た、公家上杉氏の同族だそうです。鴻巣にも三夜と言う地名が残っています。
 成田氏は、ナミビアからやって来た武蔵七党の一つ、横山党のものだそうです。砂漠の盗賊だったとの事です。
「横」は中国も現すのですが、基本的には黄色い砂漠から来た先祖を現す隠語なのです。
当時の天皇が、傭兵として雇ったそうですが、やはり盗賊だったそうです。。
 そのため、忍氏は殺され、領(=たいせつなところ)を奪われてしまったのだそうです。生き残った人は岐阜の方に 逃げたそうです。



戻る