西入口
勾玉


 勾玉(まがだま)とは首飾りの部材です。孔雀明王、アショカ王の神威を身につけるためのものです。マガダ国で始 まったのだそうです。
これを繋げると首飾りになります。鴻巣でも出土しています。
 アショカ王、景行天皇様にご縁の訪問者様が撮影したご霊験です。
最初のは豊川稲荷境内です。
こここは某所です。倭の神社です。
こちらは、訪問者の自宅です。

邪馬台国は祐徳稲荷神社の奥の院の別院付近です。
邪馬台国は祐徳稲荷神社の奥の院の別院が中心だったのだそうです。
前玉でのアショカ王のお住まいは地図の印の辺りだそうです。
 
さきたま古墳公園航空写真



戻る