西入口
古墳について    


  古墳 (こふん)についての一般的知識 

 古墳は高塚とも言います。tomb=トムです。土盛りや石積みのある古代の墳墓で,おもに有力者の墓とされました。 本来は斎場、神々への祈りの場です。
 日本では古墳時代に盛んに造られたとされますが誤りです。前方後円墳,前方後方墳,円墳,方墳,帆立貝式古 墳,双方中円墳,八角墳など多様な墳形がありますが、中国などには金星への祈りのための前方後円墳はありませ ん。悪しきフジアン=中国人に騙されないようにしましょう。尖閣列島も、日本の漢字も、日本人のものです。

 古墳の主体部には,石室に棺を置いたものと棺を直接埋めたものとがあり,副葬品が置かれる。墳丘の上やまわり には埴輪(はにわ)や葺石が配置されるとされます。多くはあとから来た侵略者が、古墳を奪った証拠に副葬品を埋め るのです。埼玉は神代日本の中心だったからです。その証拠に、古墳は田舎ほど荒らされていません。

 古墳造成の時代認識については、この世の殆どの人が間違っています。
ここ埼玉古墳では、最も古いものは、常世岐姫神社にあったもので、日本の歴史の天神という時代のものです。

 およそ六千年前くらいだそうです。
埼玉古墳には日本一の円墳、丸墓山があります。
佐間という土地は、インドの人が住みました。佐間の人はリグ・ベーダの次の時代のサーマ・ベーダの時代の人達で す。
 
さきたま古墳公園航空写真



戻る