西入口
神代の事


 神代とは今の日本の正史で、神武天皇以前の神が支配した時代と言うのが定義とされています。


かみ‐よ【神代】
記紀神話で、天地開闢かいびゃくから##草葺不合尊うがやふきあえずのみことまで、神武天皇以前の神々の時 代。じんだい。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

かみよ‐ななよ【神代七代・神世七代】
天地開闢のとき、別天神ことあまつかみ五柱につづいて出現した国之常立神くにのとこたちのかみ以下伊邪那岐神 いざなきのかみ・伊邪那美神いざなみのかみまでの7代。古事記では十二神、日本書紀では十一神。天神七代。

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 古事記には出雲朝15代の記述があり、それは前玉と大変に縁が深く、出雲朝の王の墓も前玉にあったのだそうで す。
 それらも順次掲載させて頂きます。
神倭朝の天皇も、当初は出雲朝の王が任命されていたのだそうです。それが誉田別命の時代まで続いたのだそうで す。
 ところが、日本に侵略してきた中国人が、税金をとらない出雲朝を嫌がり、総掛かりで滅ぼしたのだそうです。
これが朝廷に擦り寄ったフジアン(中国人)、藤原氏です。後の租庸調の始まりです。防人もこれで始まりました。

 古事記よりまとめ、神倭朝の天皇の名も併記いたしました。イエス・キリストも出雲朝、神倭朝の方です。

 当然現在も、中国人子孫の草(工作員)は、役人、学者などとして、この様なことは否定します。→「コン」

 
さきたま古墳公園航空写真



戻る