赤城神社

今残っている古墳で一番古いのは赤城古墳(赤城神社)だそうです。調査に行ってきました。
かなたに、赤城山が見えるでしょうか。
 
「野」とは隠語です。
赤城神社です。
拝殿の左が古墳です。
これが現在残っている最古の古墳です。
赤城古墳の出土品
頭に火焔土器のようなものを被っています。邇邇芸(ににぎ)の命も火の神です。
これは耳飾りではなく、下の写真、キリスト教でいうケルビムで す。
一金六千円の秘密が解かるでしょうか。
ここも古墳だったそうです。「アイ宗」を感じます。アイ は(Ay、Ai - 紀元前1323年あるいは紀元前1320年頃、在位:紀 元前1327年頃 - 紀元前1323年頃、あるいは紀元前1324年頃 - 紀元前1320年頃)は、古代エジプト第18王朝のファラ オ(王)。

第18王朝の王族の一人であり、アメンホテプ3世の時代から王家に仕えてきた古参の臣。両親であるイウヤとチュウ ヤはともに神官であり、自身も神官として経歴を積み、ツタンカーメンの治世にあってはアメン大神官の地位にあっ た。ツタンカーメンの死後紀元前1327年頃(または紀元前1324年頃)、アンケセナーメンと結婚し王位を継ぐ。妻として はこの以前にティイ(Tey)がいたが、即位時にはすでに死別している。なお、ネフェルティティをティイとの間の娘とする 説もある。

ファラオとしての即位名はケプルケプルウラーであるが、治世が短かったため、またツタンカーメンを暗殺したとの後 世の悪評のためか即位以前のアイの名で呼ばれることが多い。紀元前1323年頃(または紀元前1320年頃)没した。 子はなく、王位は王女ムトノメジットと結婚していた将軍ホルエムヘブが継承した。

 この方、アイが、後に日本に出て慈眼大師 天海を名乗ったのです。
 
戻る