日本の開運 三ツ木神社   雲海上人の事

こちらが雲海上人の故郷です。生まれは会津若松の人です。
12歳の時、天竺に修行に出たのだそうです。もちろんフリーメーソンです。ここは高天原です。
今は風車があるようです。
見えるのが会津磐梯山です。天に繋がる「いわはしやま」が本当です。
こちらがパキスタンのカラチです。かっては天竺、インドでした。
こちらは八角堂です。
こちらはお墓の原型と言うようなものです。
雲海上人の雲海とは、下の写真です。まさに雲の海です。
ここで大山咋命をお祭りしていたそうです。
雲海上人は帰国後、天台宗の僧として徳川家康に仕え、天海を名乗ったのだそうです。
その天海上人は、前世はエジプトの大神官、ファラオであったアイなのだそうです。
戻る