八岐大蛇


八岐大蛇(ヤマタノオロチ)とはここである。ここは房総である。
八岐大蛇(やまたのおろち)とは 

 記紀神話にみえる大蛇。頭と尾がそれぞれ八つあり,目はホオズキのように赤く,背には杉,檜(ひのき),苔(こ け)がおい茂り,毎年,越の国からきて,出雲国簸川(ひのかわ)上流にすむ足名椎(あしなづち)・手名椎の子を食っ た,という。

 素戔嗚(すさのお)尊が退治,娘の奇稲田姫(くしなだひめ)を救って結婚し,大蛇の尾を裂いて天叢雲(あめのむら くも)剣(草薙(くさなぎ)剣)を得たという。

 ここは八木町と言う。

 下の色違いが素戔嗚(すさのお)尊だそうである。

 おかしな神話を作ったのは侵略者たちである。
嘘に惑わされ、一生を過ごした者達が多い。