イザナギ・イザナミ

いざなぎのみこと・いざなみのみこと
伊弉諾尊・伊弉冉尊 とは

 日本神話中の夫婦の創造神。天の浮橋から矛(ほこ)で大海をかきまわし,その滴(したたり)からできた於能碁呂(おの ごろ)島で夫婦の交りをし,大八洲(おおやしま)国と万物およびその支配神を産む。
於能碁呂(おのごろ)島とはヤタガラスの背中の地の事で、下の Idfu である。
かぐつちのかみ
 《古事記》によれば,伊弉冉(冊)尊は火神( 火具土神 )を産んだとき焼かれて死ぬ。
火具土神は火産霊神(ほむすびのかみ)であり、愛宕神社の御祭神である。

 神武天皇の傍にいるのがヤタガラスである。 Idfu である。