アトランテイス


 ひえ た の あ ら
稗田阿礼
 稗田阿礼神様に、アトランテイスについて尋ねた。帝王日継(ていおうひつぎ)には、ちゃんとそれらの事も書い てあったのだそうである。アトランテイスは地中海にあったのだそうである。私も前前世の地である。
 アトランテイスでは、もちろん文字など使わなかった。
ピラミッドは上古の九代様の時に、豊受大神様の発注で造られたのだそうである。

 もちろん、最初はピラミッドには文字など刻んでなかったのだそうである。
悪夢は、上古14代の時に起こったのだそうである。神を恐れぬろくでなしが政治をやると天が怒るのである。

 雨が40日降り続き、アトランテイスは海に没したのである。アトランテイスは、今のオランダのように低かった ので一晩で沈んだそうである。多くの土地が、泥に沈んだそうである。

 この莫大な量の水は、悪魔の世界を清めるため、神々が木星から運んできたのだそうである。
今もローマの最高神は木星(ユピテル)である。ドイツにも神聖ローマ帝国が興っている。鹿角である。
 
 太陽(エジプト)と木星(ローマ)も少し感じられたかと思う。太陽にたてついた者は、今の中国の者だそうであ る。ドンキホーテである。
 出雲を滅ぼした藤原氏もそうである。恐ろしい歴史である。

 藤原(←中臣)鎌足が多武峰で13重の塔に祀られているのも分かると思う。そして、中国人の入れ知恵で春 日大社を建立したのである。鹿を眷族にしているが、獣では役に立たないどころか、野生の鹿は現在害獣であ る。

 鹿角の神を眷属にしたつもりだったのだと思うが、思い上がりも甚だしい。それで「藤」のつくものはおかしな 者が多い。皆様も感じていると思う。