古事記

 ひえ た の あ ら
稗田阿礼
天智天皇の元にあった帝紀は神代文字、梵字で書かれていました。これはアショカ王、神倭朝12代 景行天皇よりの、大 事な文書だったのだそうです。主に漢字が使われだしたのは、朝廷が関西に行ってからです。


蔵書より抜粋
古事記( こじき)とは

 天武天皇の企画に基づき太安麻侶(おおのやすまろ)が712年に撰録した日本最古の歴史書。3巻。記と略し,《日本書 紀》と併せて〈記紀〉と呼ぶ。成立事情を伝えるものは本書の序文のみであるが,それによれば,天武天皇が当時の 紀・旧辞(本辞)の誤りや乱れを正すべく,稗田阿礼(ひえだのあら)に勅語して帝王日継(ていおうひつぎ)と先代旧辞を誦 習(しょうしゅう)させた。しかし,未完に終わったため,711年秋に元明(げんめい)天皇が安万侶に命じて阿礼の口誦を撰 録させ,翌年正月に完成した。
@上巻は天地開闢(かいびゃく)からウガヤフキアエズノミコトまで,
A中巻は神武天皇から応神天皇まで,
B下巻は仁徳天皇から推古天皇までの記事を収め,神話・伝説と多数の歌謡を含む。
全編が〈邦家(ほうか)の経緯,王化の鴻基(こうき)〉に象徴される,天皇家を中心とする国家統一の思想で貫かれている が,文学古典としての価値,国語研究上の価値もみのがせない。

 以上が一般的説明である。

下の写真の中央、大きな磐船に、ご本人が居られます。
太安万侶の居宅跡
 地図にある稲荷神社です。埼玉県の川島町です。
 稗田阿礼神様によると、帝紀・旧辞(本辞)の誤りや乱れは、26代継体天皇(オホドさん)以降に現れたのだそうである。 大伴金村がやったそうである。その後失脚したのはご存じと思う。
かっては、天皇の系図を文字になどしなかったのである。偽造、改ざんされるからである。
古事記でさえ、足利将軍義満の時代に、26回も、改ざんされているそうである。
 もちろん権力者には、由緒正しい系図が必要だからである。地球では歴史は軍事的勝者が書き変えたと言う事である。 馬鹿の世界である。
謎について
 天武天皇が稗田阿礼神様に帝王日継(ていおうひつぎ)と先代旧辞を誦習(しょうしゅう)させた理由については歴史 上説明がない。それについて尋ねた。
 帝王日継(ていおうひつぎ)と先代旧辞は先々代の天智天皇の屋敷にあり、門外不出だったのだそうである。口伝で 伝えていた豪族も多く、本当の内容は多数の意見でまとまらなかったそうである。
それで稗田阿礼神様がそれを暗記してきて読み上げたのだそうである。ところが、太安万侶は悪い勢力に脅され、そ れを言われたとおりに書かなかったのだそうである。悪しき者たちの野心が見え見えであった。
 天武天皇が亡き後、天智天皇側は再び古事記に着手したわけである。ガンは日本書紀に心血を注いだ藤原氏であ る。帝王日継(ていおうひつぎ)と先代旧辞は垂仁天皇の時に編集され、上古のことも、ウガヤの事も、ちゃんと書いて あったという。最初の大きな問題は14代仲哀天皇の時に起こったそうである。そのため、病死したそうである。
上巻は天地開闢(かいびゃく)からウガヤフキアエズノミコトまで,
中巻は神武天皇から応神天皇まで
下巻は仁徳天皇から推古天皇まで
 神代の扱いに付いてのお尋ね
 
 稗田阿礼神様に神代の扱いに付いて、如何お考えだったのかお尋ねした。多いご質問である。

 現在も謎の古文献はある。竹内文書や富士古文献(宮下文書)などである。←中國人が半分以上改竄
 稗田阿礼神様も知っていたそうである。竹内文書の方が正しいと言っているが、直すべきも多いそうである。
 最初の神、天之御中主神も、あちこちで似たような名前で祭られている。実はエジプトのアメン神でもある。双葉,二 葉、フタバに繋がる方である。






























帝王日継、先代旧辞
古事記上巻
古事記中巻
古事記下巻
天照皇大御神様
迦具土神、かぐや姫
イザナギ・イザナミ
大八島
大国主神
沼河比売
建御名方神
於能碁呂(おのごろ)島
八岐大蛇
神武天皇
新規ページ002